ビットコインが信用でき、安心できる理由

ビットコインの事務局はないし、職員もいません。

 

ビットコインの口座を開設している世界中の人に、
取引データは共有されます。
自分の取引データー以外もすべて暗号化されて来ます。
暗号化されているので、簡単には個人を特定できないようになっています。
全員にデーターをおくるので、データーの改ざんができないようになっています。

 

ビットコインを取引している全員でデータを共有して、
お互いに監視している。

ビットコインを使っている人全員で
コンピューター上でチェックしています。
データが残っているから信用できます。

 

これがブロックチェーンという仕組みです。
ビットコインの取引の詳細データを10分ごとに1つのブロックにまとめて、
改ざんできないようにつなげていきます。
これをブロックチェーンといいます。

 

そのデータは世界中のコンピュータネットワーク上に分散して保存され、
世界中の人が監視できるようになっています。
ブロックチェーンは情報の改善ができない、安全性が極めて高い仕組みです。

 

ビットコインを買うためにお金を投資しているが、
そのお金が返ってくるかどうかは取引所の問題になる。

 

マウントゴックスの倒産の場合、
取引所にお金を預けていた人はお金が返ってこない。
マウントゴックスは利用者の取引上の財布も預かっていた。
インターネット上の財布ごとその取引所に全部渡していた。

 

その財布のパスワードが外部から盗み取られて、
利用者のビットコインも盗まれ、倒産してしまったのです。
この取引所にお金を預けていた人は、
お金tが返ってこない。

 

後で、マウントゴックスのフランス人社長の横領がわかり逮捕されました。

 

しかし、ビットコイン自体は世界中で使える。

 

マネーゲーム以外にもいろいろな国で役立っている。

外国で買い物をするのに、クレジットカードで支払えば問題はありませんが、
そうでなければ通貨を外国へ送金しなければいけません。
1万円をアメリカへ送金するのに3千円の手数料がかかります。
1万円の送金をするのに3千円の取引をするのか、ということになります。

 

ビットコインならばほとんど手数料なしで、
あっという間に決済できます。

 

日本では円が安定しているから、
ビットコインは信用できないな、という人がいます。

 

しかし、政情不安な国では、自国の通貨が信用できないので、ビットコインにする人がいます。
ギリシャの経済危機の時もそうでした。

 

アフリカの国々でもそうです。

 

国が安定していなかったり、銀行が不安定で信用できなかったり、
そもそも銀行に行くまで何日もかかるようなところでは、
携帯電話はみんな持っているので、
携帯電話で取引すればいいじゃないか、
ビットコインは便利だよね、ということで広まっていく。

 

ビットコインがお金だと思える人は使っている。

 

ビットコインをやって損したからと言って、誰も保障してくれません。
それこそ自己責任ですよね。

 

2017年現在日本でもビットコインを使えるお店が増え、ビックカメラ全店で使用できます。
お客さんのスマホから店側の端末にビットコインを送り支払います。
旅行情報サイト「じゃらん」、飲食店予約サイト「ホットペッパーグルメ」などを運営するリクルートライフスタイルは、タブレットを使ったPOS(販売時点情報管理)レジアプリ[Airレジ]を使う店舗が希望すれば、ビットコインで支払えるようにする。
リクルート加盟店とビックカメラの導入により、国内26万店舗でビットコイン決済が可能になる。

 

2017年4月1日には、改正資金決済法が施行され、日本国も決済通貨の一つとして仮想通貨を認めた。

 

ビットフライヤー